タバコ1本当たり3円の増税!今こそ禁煙!僕が3度目の挑戦でようやく禁煙に成功した話!

どうもー、ちゅうたです。

 

今朝のニュースで聞いたのですが、またもやタバコが値上がりするみたいですね。

 

 

愛煙家の皆さんには、聞き捨てならぬこのニュース。税金、税金、税金って国民の所得は右肩下がりで減る一方なのに税金は右肩上がりで増えるばかりこんなニュースばかりじゃストレスでタバコの本数も右肩上がりになってるんではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

たばこ増税、2021年、最終的にはタバコ1本あたり3円の増税の見込み

 

この10年くらいでタバコって随分と値上がりしましたよね。というかあんまりにもせこせこと値上げするもんだから10年前のタバコの値段ってもう記憶にないです。今回の値上げのニュースですが、まず来年、2018年10月に一本あたり1円の値上げ。

 

次に2020年にまた1円の値上げ。。。翌年の2021年に1円の値上げ。。。って。。は~???
こういう風に段階踏んで値上げするのは、たばこを吸う人間がいなくなるのは困るんですよ。国的には。

 

今や世界レベルでタバコを排除するような動きの中、本音ではタバコがまったく売れなくなるのは困るというのが現実なんでしょうね。たばこ税貴重な財源ですから

 

僕自身はというと今現在、禁煙して2年と8カ月が過ぎました。「え!?まだ、タバコが吸いたくなるかって??」
「いえ、今はまったく吸いたいとは思わないです。本当に」

 

But。。。今でも、たまに夢で吸ってる事があります(^_^;)。。。これって潜在意識では、まだどこかで喫煙者、アレン・カー的に言えば『スモーカー』なのでしょうか?

 

今でも時々、夢の中ではスモーカー

 

これは本当に不思議なんですが、たまに夢の中でタバコに火を点けて「。。。あかん、タバコ吸うてもうた。また元の木阿弥やわ~」と後悔してるんですよ。

 

意識の中ではまったく吸いたいとも思わなくて、それどころか人の吸ってるタバコの臭いも今は臭く感じます。

 

でも、なんでか夢に出てくる。。。どういう意味なんでしょうね~。あまりにもスモーカー歴が長かったせいなのでしょうか。

僕のスモーカー人生の始まり

 

好奇心で初めてたばこを口にしたのは小学生の頃、祖父が吸っていた『SHINSEI』という両切りたばこが初喫煙です。もちろんただの好奇心なので、美味いと思うこともなくただ煙をふかしただけなんですが。

 

喫煙が本当の習慣になったのは中学1年の時に同級生達と吸い出してからなので約30年来のスモーカーですね。いつの間にやら毎日2箱を吸うようになってましたね~。

 

金に換算したら。。。あー、もったいなー(笑)

 

今でこそ禁煙に成功して、こんなけ余裕かまして記事にしていますが本当に禁煙するのに苦労しました。

 

実にこれまで2度の禁煙に失敗して3度目にしてようやくノンスモーカー、禁煙に成功しました。

 

。。。いや、成功というのは死ぬ間際までノンスモーカーを全うしてはじめていう言える言葉ですね。それまではあくまで禁煙を続けてるということです。

 

最初の禁煙とそのきっかけ

 

まずそもそもなぜ僕がタバコを止めようと思ったかについて話したいと思います。

 

1度目の禁煙は2008年で今から10年近く前の事なんです。その頃、小学生の娘が学校の歯科検診で歯並びの悪さを指摘され専門の歯医者に受診する事を勧められて最寄り駅から電車で2駅の歯列矯正の専門医に娘を連れて受診に行きました。

 

その歯科医はかなりアメリカナイズしていて、院内のいたる所にいろんなポスターを貼っていたんですがそのほとんどが喫煙の毒性、やれ、たばこにはこういう成分がこのくらい入っていてそれが体内でどうなるとか。。。こうなるとか。。。専門的な言葉や毒物の名前ばかりだらだら書き並べたポスター。タバコを敵視した文句ばかり。

 

それを見て嫁さんと二人で「なんか胡散臭そうな歯医者やなー」って話してました。
あっ!言い忘れてましたがうちの嫁さんも当時は、筋金入りのスモーカーです。そうこうしてるうちに娘の名前が呼ばれ診察室に親子で入りました。

 

 

いかにもやり手といった感じの50過ぎ位の女性歯科医に娘の歯並びの問題をあーだこーだと言われ「このまま放置すると顎が発育せずに大変な事になる、とかアメリカでは歯並びで就職や人間性までもが判断される等」と散々脅されて嫁さんと2人、すっかりビビりまくってました。

 

で、治療費の話を聞いて。。。夫婦2人呆然と。「まず初めの歯列矯正費が25万円。その後経過を見ながら数年後にはまた25万円。それでうまくいく場合もあるしそれでもだめならまた数十万円の費用がかかるとのこと」

 

。。。。。夫婦揃って目が点になってました。。。

 

その後、歯科医からこのような言葉が「お父さん、失礼ですがその胸のポケットの中に入ってるもの。。。お父さんはタバコ吸われるんですね~?」

 

その時の先生の顔、ニコニコしながら眼光はキラリと光ってました。「煙草にはヒ素やら○○、それを吸ってたら○○になって。。。あーだ。。。こーだ。」正直、「やかましいわ!おばはんっ!」って言いたかったけど我慢して話を聞いているうちに

 

「お父さん、そのたばこをやめるだけで矯正にかかる費用位簡単に捻出出来るんですよ~」と強い目力で。。。。。んん!!。。。そうかっ!ほんまやっ!!!1日2箱、嫁さんの分入れて2人で1日のタバコ代1000円強!月にして30000円。

 

矯正治療費500000円+アルファ。。。ということはタバコ約2年分と同等の値段やん!さっきこのアメリカかぶれの医者から値段聞いた時、正直こんな大金どうやって用意したらいいのか途方に暮れていた。でも可愛い娘のためにタバコやめたら娘の歯をまっすぐにしてやれる。。。そう思ったらタバコなんか簡単にやめれる。。。

 

とにかくアメリカかぶれの医者には「よく検討してまた連絡します」と伝えて歯科医を後にしました。

 

その帰り道、嫁と2人、禁煙をする決意を二人で確かめ合いました。「今持ってるたばこで最後にしよなっ!」(固い決意)

 

正直、その時まで禁煙なんて考えたことすらなかったです。が歯科医の帰り道の気持ちは今でもはっきりと覚えてます。確実にたばこをやめよう!いや、もう、いつでもやめれる!本当にそう思いました。

 

家に帰ってパソコンで禁煙に関する本を調べてるうちにアレン・カーの「禁煙セラピー」という本を見つけました。Amazonでたくさんの書評を読んでいるとそれだけで「もう、今すぐにでもタバコがやめれる。」そう確信しました。まだたくさん残ってるタバコをゴミ箱に捨てて含み笑いを浮かべながら。

 

もちろん、Amazonで「禁煙セラピー」をポチっとしました。嫁さんはというと、まだ喫煙欲との狭間で葛藤している様子でした。

 

嫁「私はこのタバコが無くなったら禁煙するから」。。。もちろん異存はありません。「最後のタバコを存分に味わってくれたまえ」(ちょっとだけ上から目線)

 

初めての禁煙!

 

 

 

この禁煙セラピーを読んでタバコをやめたという人の中には芸能人の人も多く確かロンブー敦さんに今田耕司さん、あと椎名林檎さんもこの本で禁煙に成功したらしいですよ。

 

僕が買ったのはイラスト付きの方でこのイラストのタバコの悪魔というキャラの顔がものすごく憎たらしいんですよ!「こんな奴に負けてたまるかーっ」て思うくらい憎たらしい顔なんですよ。

 

でも、ぼくがここまで晴れやかな気持ちで禁煙に立ち向えたのは、あのちょっと憎たらしいアメリカナイズした女性歯科医のあの言葉のおかげなんですけどね。

 

もちろん、禁煙を難なくクリアして娘の歯列矯正も始めました。でも病院はアメリカかぶれの歯科医にはせず、知り合いに紹介してもらったすごく感じのいい歯科医にお世話になることに。

 

いくら今回の禁煙と歯列矯正のきっかけを作ってくれたとはいえ、あのアメリカかぶれの歯科医はどうも信頼出来ない。。。というかすごく商売人の臭いが。。。

 

余談ですが、矯正治療費は総額でアメリカかぶれの歯科医の言ってた治療費の1回分より安く済んで今はすかっり奇麗な歯並びになりました。やっぱり、あの歯科医は金儲け主義やったんです。

 

禁煙を続けていくうちにいろいろと体にも変化が。

 

禁煙して感じたいろいろな変化

 

・息切れがしにくくなった

・朝の目覚めがいい

・朝起きてすぐ食欲がある

・食べ物が美味い

・水が美味い

・風邪をひきにくくなった

・痰が出なくなった

・手汗をかかなくなった

・肌がきれいになった

・肩こり、頭痛が減った

・喫煙場所を探さなくていい

・体重が5kg増加(いいのか悪いのか)

・いつも体調がいい

・お金が減らない

 

どうですか?タバコを止めたことによるメリットはざっとあげただけでもこれくらいあります。ここまでの話を聞いてたら完全に禁煙に成功したみたいでしょ?。。。ですが

 

禁煙6カ月を過ぎてあえなく撃沈!

 

 

 

禁煙からようやく半年が過ぎたころ。。。。友達数人との飲み会で酔った勢いで。。。半年間タバコをやめ続けたというわけのわからん自信というか自負というか1本吸ったぐらいでは俺はもう大丈夫といった自惚れだったのか。。。。とうとう吸ってしまいました。禁断の1本を!

 

あの日、心の底から『タバコをやめるぞ!』と決意した崇高な精神はどこにいってしまったのか。。。(大袈裟)

 

いいですか。この1本が命取り。すべて水の泡。

 

 

初めは1本、しかもこの久しぶりのタバコって不味いんですよ。「今までこんな臭いものをよく吸ってたな」と思うくらい不味いんです。

 

でも脳はこのたった1本のタバコで今までの努力を拭い去るんですよ。いとも簡単に!

 

アレン・カー的に言えば『小さい悪魔』が「タバコを吸え」と頭の中で囁くんです。 それから何度か会社の同僚からタバコをもらったり友達にもらったりしてるうちに。。。ついに自分でタバコを買う始末です。

 

再びタバコを吸うようになって体に不調が。。。片頭痛や肩こり、風邪は引くわ体重は減るわ金は減るはでいい事なし。

 

。。。やっぱりなんとかしてもう1度タバコを止めよう。。。

 

でも、前回の禁煙を決意した時のような決定的な理由がないんです。

 

もちろん、娘の矯正治療は続けてますが、もう、その事と禁煙とは別問題になってしまってるんです。自分の中では。。。あの時は即座にやめる決心をして自分の意志で即座に実行したんですが、今回は。。。

 

一度禁煙したのに再び喫煙するようになったら以前より禁煙が難しくなる

 

 

こんな話を聞いたことあったんですが。。。これ本当です。身をもって体験しました。毎日、「この1箱で最後にしよう」、「このタバコがなくなったらやめる」と思ってはまたタバコを買ってしまう。

 

そして自己嫌悪に陥る、この繰り返しで自分の意志だけではタバコは止めれないと断念して禁煙外来に行くことにしました。1回目の禁煙から挫折して半年ほどしてからの事です。

 

当時俳優の舘ひろしさんがCMをやっていたファイザー製薬の『チャンピックス』って薬を服用してタバコを止めるという治療法。初めの1週間は薬を服用しながら今まで通りに喫煙してもいいんです。(でも僕は5日過ぎたあたりでタバコが欲しくなくなり、そのまま禁煙に突入しました。)

 

なんて言うのかタバコを吸っても嫌な味に感じるんです。でもこれって副作用が気になりますよね。でもこのまま喫煙を続けるよりはいいとは思いますが。結局禁煙してからもしばらく通院と薬の服用を続けて無事に禁煙成功。

 

はっきりとは覚えてませんが禁煙治療費は全部で2万円くらいだったような。。。

 

ところが、禁煙2カ月にしてまたもや挫折。この時も飲み会でベロベロに酔っぱらってる時に、頭の中に『小さい悪魔』が現れては「タバコを吸え」「タバコは美味いよ~」って囁いてました(笑)

 

はい。気が付けばまたもやスモーカーに逆戻り。。。

 

その後もしばらくは「タバコ止めたい」「なんとかまた禁煙しないと。。。」と言ってましたがいつの間にか禁煙という言葉すら出なくなり2度目の禁煙失敗から5年ほどタバコを吸い続けてました。以前よりタバコの本数も増えて、もう止めたいとも思わなくなっていました。(最悪)

 

そこであるきっかけが。。。

 

ある時、急に仕事がキツく感じるようになって来ました。今までどうって事なかった作業が歳のせいか体力的に辛くなってきたんです。

 

それから、このままではいかんと思い体力を付けるためにジョギングをするようになったんです。それが4年近く前の事。週に3回から4回、近所を5キロほどジョギングするようになって次第に体力も戻ってきて以前のようにすぐにスタミナが切れることもなくなりました。

 

そんな時、仕事の移動中にラジオから流れてきた『快適生活ラジオショッピング』で禁煙グッズの紹介をしていたんです。

 

ボリュームを上げて聞き入ってたんですがその商品は『特殊なフィルターをいつものタバコに装着しながらいつも通りにタバコを吸うだけで3週間後には無理なく禁煙できる』という商品だったのです。

 

商品名はズバリ『禁煙宣言』

 

  • まず1週目に装着するフィルターはニコチンを25%カットすというものでこれを付けていつも通り喫煙
  • 2週目に装着するフィルターはニコチンを50%カット(たばこの味が大分薄くなる)
  • 3週目に装着するフィルターはニコチンを75%カット(味も薄ければ煙も薄い。ほとんど吸った気がしない)このフィルターで1週間吸った後に禁煙を開始する。この頃にはニコチンの依存が大分軽減されるというもの

このコマーシャルを聞いて「もう一度禁煙にチャレンジしようと思い立ちこの『禁煙宣言』を購入しました。

 

この禁煙宣言を購入して説明書通りにフィルターを装着してタバコをいつも通り吸いながら、きっちり3週間後、長年繰り返した禁煙と挫折をついに乗り越えることが出来ました。

 

これがほんとの3度目の正直!

 

3度目にしてどうにかこうにか禁煙に成功して今に至ります!

 

今はっきりと言えることはどんな禁煙グッズを使ってもタバコを止めるぞといった気持ちが弱ければ成功することは困難だと思います。

 

でもタバコを止めたいという強い気持ちがあるなら禁煙グッズは強い味方になることでしょう。

 

後はタバコを止めてしばらくしてニコチン依存から解放されても時々聞こえてくる「小さい悪魔」の声を無視することですね。絶対に耳を貸してはいけませんよ!!!

 

ついに意志の弱い僕がなんとかタバコを止めることが出来ました。

 

 

でも今思い出しても1度目の禁煙の時が1番簡単に止めれました。何も使わず、意志の力だけで。とりあえず半年だけでしたが(^_^;)

 

最後までお付き合いくださりおおきに~

 

関連記事→手掌多汗症(手汗)で悩んでいるアナタは喫煙者?それなら禁煙すれば治るかも。。。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク