意外に知られていない?車の廃棄バッテリーの処分方法は?バッテリー交換は自分でやるのがコスパ最強!

どうも、ちゅうたです!

 

さっそくですが、車のバッテリー交換って自分でされていますか?
ボクは10年くらい前からバッテリー交換は自分でするようにしています。

 

バッテリー交換は、カーメンテの中でも比較的簡単に出来ることなので、少しでも節約しようとDIYでやってきました。

 

ただ、1つだけ面倒なのが古いバッテリーの処分なんですよね。

 

今回は古い廃棄バッテリーを無料で処分してもらう方法と、バッテリー交換を自分でする際に注意することについて書いていきたいと思います。

 

・バッテリーをネットで買って自分で交換したいけど、廃棄バッテリーの処分に困るから

・ショップやスタンドでバッテリー交換すのは楽だけど、お金がかかるからなぁ

 

そんなアナタ、まだあきらめるのは早いですよ。この記事を読んで出来るだけ安くバッテリーを交換しましょう!

 

節約、節約。

 

スポンサーリンク

クルマのバッテリー交換はネットで購入して、DIYがコスパ最強!でも、古いバッテリーの処分は?

 

 

最近、電化製品をいくつか購入して、金欠気味のところに痛ーい出費がやってきました。それは、車のメンテナンス費用です。

夜、家族で食事に出かけようと車に乗り込んで、エンジンをかけようとしても、ウンともスンともいわない!

 

ちゅうた
あちゃ~~バッテリーがあがってる…
えっ…!?ご飯どうすんの?

…仕方なく、歩いて行ける近所の店に変更…。

 

ついこのあいだも、自家用車のタイヤ交換をしたばかりなんですが、今度はあろうことかバッテリーがご臨終になられるとは。

 

まぁ、タイヤもバッテリーも昨年末の車検の時に指摘されてた項目なんですが…。

その辺の話は以前書いた記事、車検費用を抑えたい!ディーラーとオートバックスとガソリンスタンド!結局どこがいいのかでもふれていますが、ついにその時がやってきたのです。

 

余談ですけど、うちの車はアイドリングストップという機能が付いてまして、なんとバッテリーが2つも積んでるタイプなんです。

 

「2つですよ~、2つも搭載してるんですよ~、いいでしょ~」。ってええことないっちゅうねん!!!金かかり過ぎ!!

 

車検の時に「バッテリーは2つとも弱っているので、交換する時は両方同時に交換してくださいね」とスタンドの人から言われていました。

 

↓車検の時に見積もってもらった金額

・オートバックス…工賃込みで最低36000円~(在庫のあるバッテリー)

・スタンド…40000円~(在庫のあるバッテリー)

・ディーラー…35000円+工賃(純正バッテリー)

 

タイヤの出費が大きかったのと、今までもバッテリーは自分で交換していたので、今回はもっと安くあげようと、ネットで購入して自分で取り換えることにしました。

で、ネットでも評判のいいPanasonic ( パナソニック )  カオス アイドリングストップ車 + 標準車対応 N-N65/A2をメインバッテリーに、サブバッテリーにPanasonic(パナソニック) N-34B17L/FHDIYを買うことにしました。(オートバックスやスタンド、ディーラーのバッテリーより、高性能で高価なバッテリー)

 

ネットで購入すると決めたものの、一つだけ心配なことが…。

 

それは古いバッテリーの処分です。

今までは、カー用品店でバッテリーを購入していたので(取り付けは自分で)、無料で廃棄バッテリーの処分をしてもらっていたのですが、さすがに廃棄バッテリーだけを持ち込むとなると、断られるか、処分費用を取られるみたいです。

まぁ当然と言えば当然ですよね。

バッテリーは危険物なので、通常のゴミとしては出せませんからね。

 

まぁ、とにかく廃棄バッテリーのコトは後から考えるとして、とりあえず早くバッテリーを買わないとどこにも行けませんので。

いろいろな店を調べていたのですが、メインバッテリーの方だけは「取り寄せ」となっているショップが多くて…。

どうしようもないなと、半分あきらめかていたら、Amazon経由で出品しているショップで「在庫アリ」との表示が!!

 

やっぱり最後に頼りになるのはAmazonですねぇ。メインバッテリーが13000円くらい、サブバッテリーが5000円くらいなので2つ合わせても約19000円です(メインバッテリーは店頭で高いところでは30000円ほどしていました)。

ネットの商品ページをよく見ると、「バッテリーを購入した方には、廃棄・廃棄回収送料無料サービス」というものが付いているではありませんか。バッテリーの廃棄も、廃棄に要する送料も全部無料ってまじスゴイ!

今はこんなサービスもあるんですね~。

 

さっそくポチっちゃいました!

スポンサーリンク

バッテリーをネットで購入した場合、廃棄バッテリーの引き取りサービスが無料で付いてくる!

 

 

今まではカーショップやホームセンターでバッテリーを購入して、自分で取り換えて廃棄バッテリーは購入店に持って行って処分してもらってました!

 

それが今や便利な時代ですね。お店で買う値段にくらべはるかに安く、おまけに廃棄処分も無料、その上、送料まで無料とは。

 

バッテリーも安く買うことが出来て万々歳のはずなのですが、じつは手放しで喜ぶわけにはいかない事情があるんです。

スポンサーリンク

バッテリーをDIYで交換する場合、接続機器のバックアップが必要?

 

 

バッテリーを外すことで、ナビゲーションやカーステレオ、パワーウィンドウ等の設定がおかしくなってしまうことがあるらしいのです。

 

今まで乗っていた車はナビも後付けの古い車だったので、気にしたこともなかったのですが、今乗ってる車はコンピューター制御された部分も多く、正直、ナビゲーションとカーステレオくらいなら最初から設定してもいいんですが、問題はアイドリングストップとエンジンの回転数が不安定になる事なんです。

ネットで調べると、そういう不具合を起こさぬためには、メモリーをバックアップするアイテムを使えばいいみたいです。

↓こんなやつです

 

実際にバックアップせずにバッテリーを取り換えて不安定になったという事例もあります。

↓コチラの記事ではエンジンの不調の話が…
バッテリーを安易に外した結末・・・

↓コチラの記事ではアイドリングストップの不具合のことが…
アイドリングストップ車のバッテリー交換 注意点

さすがにこのような情報を見てしまったからには、ディーラーに聞くのが1番確実だろうということで、聞いてみました。

ディーラーの整備の人からは予想外の言葉が、

 

ディーラーの人
今までアイドリングストップやエンジンの回転数に問題がなければ、
バックアップなしでバッテリー交換をされても、それほど心配しなくても大丈夫かと

 

 

ちゅうた

ネットでは、不具合が出るとか色々言われてますけど?

 

 

ディーラーの人

パワーウィンドウやナビゲーションのメモリー機能は消えてしまうかもしれませんが、エンジンの回転やアイドリングがおかしくなった場合でも、走行しているうちに勝手に学習していきます。最悪、不具合が出たとしても車を持ってきてもらえれば調整はコチラでさせてもらいます

 

 

 

ちゅうた

いざとなったらやっぱり頼りになるのはディーラーやなぁ

 

 

ディーラ―の整備の人にそう言ってもらえて、あとは、バッテリーの到着を待つばかり。

スポンサーリンク

注文していたバッテリーが届いたので即交換

 

 

無事にバッテリーも届いたので、ちゃっちゃと取り替えました。

 

取り換え時間は2つで20~30分で完了!!

 

よっしゃ!ほんならエンジンかけるでぇ~…ドキドキ…(爆発せーへんよな)w

 

おおっ!やっぱり新品は違いますわぁ~。

 

とりあえず試運転ということで地元を30分くらい走行してみました。

 

えええっ!!!

 

ナビゲーション見ても何も変わってない!!登録してる自宅もそのままっ!!

 

おまけに履歴も全部残ってる!!

 

ってかアイドリングストップもエンジンの回転数も絶好調やしッ!パワーウィンドウだって全然問題ナッシング!!…???

 

んん?あれっ??パワーウィンドが働かない!

 

窓は開くのですが、オートが効かないんです。

どういうことかと言うと、窓を開けるあいだはずっとスイッチを押し続けておく必要があるんです。

結局グーグル先生の助けを借りてパワーウィンドウの初期化も済ませて元通りの状態に!(車の取説には載っていない)

 

嬉しさあまって近所のオートバックスで芳香剤でも買おうと立ち寄りました。

スポンサーリンク

オートバックスでは廃棄バッテリーの持ち込み処分が無料なんです!!!

 

 

そこで、ふと何気に通りかかった店員さんに「バッテリーの持ち込み処分って有料やんね~?」と尋ねたところ…

 

!!!えええええっ!!!!そうなん!!!!(って何がじゃ!!)

 

持ち込み処分って有料と思っていたら、ななななんと!!!

オートバックスではバッテリーはリサイクル品として無料で回収している

とのこと!!!(だからと言って大量に持ち込むことが可能かどうかは知りません)

 

なんという、太っ腹!!今まで散々値段が高いやら、文句言ってきましたが、なんて懐の深い…ショップなんですかっ!(どないやっちゅうねん)

そのあと、バッテリーを家に取りに帰り、再びオートバックスに持って行き引き取ってもらいました。

もちろん2つとも。

 

今回、偶然ですがオートバックスがバッテリーの持ち込み処分を無料で受け付けていることを知りました。

もしや、この店舗だけかと家に帰ってから他の店舗に電話してみたところ

「無料で引き取らせてもらいます!!」とのこと。

 

同じようにバッテリーを自分で交換して古いバッテリーの処分に困っているならオートバックスに持って行きましょう。リサイクル、リサイクル。

本当はバッテリー購入店に処分してもらうのが筋なんでしょうが、近所のオートバックスでその日のうちに引き取ってもらえることを知ってしまったので、今回はこういう結果になりました。

みなさん憶えておきましょう!!

 

でも、くれぐれも持ち込む店舗に電話して事前に確認を取っておきましょう

 

最後にバッテリー取り換え前と、取り換え後の写真を載せておきます!(おまけ)

 

↓今回購入したバッテリーはコチラ

↓Before

↓After

写真のアングルが違い過ぎですね。(;^ω^)

この青い色がいいですね~。(どうせカバーで隠れますが)

 

バッテリーの取り換え手順を簡単に言うと

 

  • まずは必ずエンジンを止めて、キーを抜いてください
  • 古いバッテリーのマイナスから取り外します(ショート防止の為)
  • 古いバッテリーのプラスを取り外します(プラスを外す際にマイナスの端子とスパナなどの工具が触れないように注意)
  • 古いバッテリーを取り外す
  • 新しいバッテリーを定位置に乗せる
  • 新しいバッテリーのプラスを取り付ける
  • 新しいバッテリーのマイナスを取り付ける

上記の取り外し、取り付け順序だけは厳守してくださいね。

バッテリーの取り換え手順は動画や画像付きで説明してくれているサイトがたくさんありますので、そちらを参考にしてみて下さい!

↓参考記事

CARティーチャー

「しばらく車を使用していなくて、いざ乗ろうと思った時にエンジンがかからない」、そ ... …

スポンサーリンク

まとめ

 

クルマのバッテリーはディーラーやショップで購入して、取り換えてもらうと結構な費用がかかります。

今はネットで買うことで、割安で手に入ります。

バッテリーの取り換えには危険がともないますが、順序さえ守れば取り換え自体はすごく簡単。

バッテリーをバックアップなしで取り換える場合は、一応はディーラーに問い合わせてみて問題がないようなら自分で交換するのが1番の節約ですよ!

廃棄バッテリーも購入店で処分してもらうことも可能ですし、近所のオートバックスでも持ち込み処分も可能です(要確認)。

最後にもう1度言いますが、バッテリーは危険物なので取り外す順序と取り付ける順序はくれぐれも守ってくださいね。

 

それでは、最後まで読んでいただきおおきにぃ~。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク